むくみを取っておこう

女性

注射施術の種類と特色

とても簡単な施術ですが、ボトックスの小顔整形を受ける時も、体調管理といった準備は欠かせません。風邪などをひかないようにするほか、顔がむくみやすい場合は数日前から減塩生活を心掛け、むくみ対策を行いましょう。そのことで注射ポイントになるエラの状況を、医師が把握しやすくなりますので、より良い施術を望めます。そこで、美顔ローラーなどをお持ちであれば、それを使ってむくみを取っておくのも得策です。また、施術後の1週間ほどは治療部位のマッサージができなくなるため、美顔マッサージを夜に行うのが日課の人は、施術当日の朝に済ませておきましょう。そのほか、ボトックスの小顔整形で目標とする顔がある場合は、そのモデルさんの写真を準備して、カウンセリングでドクターに見せるのがおすすめです。そして、この小顔整形の申し込み方法ですが、先にカウンセリングを受ける必要があるので、電話か公式サイトで予約を入れてください。もしもカウンセリングの当日に施術を希望する場合、電話なら口頭で伝え、ネットなら備考欄などにその旨を書いておきますと、スムーズに対応してくれます。内出血と痛みは美容整形の副作用としても定番ですが、ボトックスの小顔注射ではそれらの懸念が少なくなっています。これには注射針の細さも関係しており、この治療ではとても細い針を使用できるため、内出血と痛みが少ないのです。また、針が細いので術後の治療痕は目立たず、顔に切り傷などが残らないことも、嬉しい特色になります。そして、この美容整形ではアゴを動かす咬筋の動作を止め、エラの筋肉肥大を減らして小顔にするのが特徴です。これに対しまして、ボトックスリフトという施術は、筋肉の動きを全て止めることはせず、皮膚や筋膜を治療していきます。広範囲に注射してタルミとシワを改善しますが、筋肉を狙って深く刺さないので、表情筋などには殆ど影響しません。ですから表情が固くなることはなく、素肌の引き締め作用で自然な小顔効果を得られます。そのほか、落としづらい顔の贅肉を注射で改善できる脂肪溶解注射も、小顔になれることで人気の整形治療です。脂肪を分解して体外へ排出するため、基本的にリバウンドしないのが特徴で、ボトックスとのコンビネーション施術も行えます。

Copyright© 2018 ボトックス小顔でコンプレックス解消【筋肉を細くさせる効果が期待】 All Rights Reserved.